クリスマスプレゼントは無し。

 

朝焼けが綺麗な、静かなクリスマスの朝です。

夫と私はもう何年もの間クリスマスプレゼントの交換をしておりません。

欲しくない物をもらっても仕方ないし、サプライズなプレゼントを欲しがる年でもないので、欲しい物は自分で買う。ロマンティックの欠片もない夫婦です。

以前、知り合いのお宅にご招待されたとき、

これ、夫からもらったクリスマスプレゼントなの!と言って龍の版画を見せてくれました。辰年にちなんだプレゼントとは言え、貰ったら飾らないといけないし、自分の美意識に会わない物を部屋に飾りたくない。でも、飾らないと相手は傷つくだろうし、そんな場合はどうすれば良いんだろう。

なんて、もし私にこの龍の版画が贈られた時のことを妄想してしまいました。

でも、そんな心配をしなくとも、夫が私に龍の版画を贈ることは100%ありません。

長い結婚生活で夫と私の好みもだいぶ似通ってきました。

最初の頃は、夫が買うもの全てに『???????』マークでした。

まあはっきり言って洋服の趣味等が大変悪うございました。

彼に似合う色をデザインを教え、お店に連れて行き、

鏡の前で、ほら、これの方が素敵でしょ。

と言っても最初の頃は首を傾げておりましたが、今ではきちんと自分に何が似合うのか分かるようになりましたの。全ては経験と実践ですわね。

なんて思いっきりサエナイ頃の夫をディスった2016年のクリスマスでございます。

 

Advertisements