欠陥工事と夫への宣戦布告

雨が降るとガス温水器の種火がつかないという問題が起こりました。

またもや同じガスの配管工。

以前、洗濯室に入るとガス漏れの匂いがすると苦情を入れたら、

一応チェックに来て、全く問題ないと帰って行った人たち。

勿論、ガス漏れが怖いので、洗濯室の窓は開けっ放しにしていたこともあり、ガス漏れの嫌な匂いが薄まっているのであいつらこんなことをいったのかな?と不信感のみの私は窓を閉め、ドアを閉め、さあ、これでどうだ!!と再度配管工に電話。

やって来た配管工はガスの匂いが充満しているのにビックリしてガス漏れ検査機を使って調べたら、ガス管が乾燥機にきちんと繋がっておりませんでした。

まあ、これだけではなく、田舎の家の工事に関しては山ほどの問題があり、これが私が田舎が大嫌いになった一因でもあります。

 

今日は、温水器のエキスパートの人が来て、直してくれることになっているのですが、夫のオフィスに行ってみたら、

あいつ、いない!

庭師と一緒に隣町までお買い物に、ですってよ。

オバチャン、ブチ切れでございます。

庭仕事とガスの温水器、どっちが大切なんだ!

温水器がなおらないと、シャワーも浴びられない、食洗機も使えない、

この寒い田舎で、ゴム手袋をしても食器を水で洗う辛さをお前は知らないだろう。

夫よ、見てろよ。

底意地の悪い妻にゴメンナサイだけではすまないぜ。

 

 

 

Advertisements