引き出しをあけると、アイロン台が出てくる!

昨夜の大雨もあがり、曇り空の田舎です。

しかし2度もの修理にも関わらず、

ガス給湯機にまた種火がつかない問題が発生。

特に二回目はスペシャリストを呼んで来たとのたまわったものの、

ほらね、雨が降ると種火がつかない。

氷のような水で顔を洗う。この苦しみをお前たち、わかるか!!

配管工への恨みが爆発です。

田舎に家を建てるにあたって、

都会の建築会社はハイエンドだから高すぎる。

田舎の大工さんってなんか人が良さそうだし、

きっと丁寧な家を造ってくれると思う。

そうのたまわったのは我が夫。

フタをあけてみると、最低最悪。

やり直しに次ぐやり直しで、

その上、仕事はスローで全く進まない。

最終的には都会のハイエンド建築会社と

ほとんど変わらない値段になってしまいました。

我家はシンプルなので、直線が歪むと非常に目立つ。

田舎の人たちにはもう直せないと思ったので、

私が全幅の信頼を寄せている都会の大工さんに頼み込んで

田舎まで来てもらいました。

色々直してもらった後、

夫がこれ位我慢しろ!と言ったものの、

どうしても納得できなかったのが、洗濯室に作ってもらった棚。

足が斜めになっていて、棚の作りも変だし、安っぽいでしょ〜?

と、都会の大工さんに話したら、

足を真すぐにして、

引き出しをつけて、

そこに折りたたみ式のアイロン台をつけると雰囲気が変わると思うよ。

ですって。

早速やっていただきましたわよ。

img_9835

引き出しをあけると、折り畳んだ状態のアイロン台が登場します。

そして、それを持ち上げると、アイロン台ざます〜!

img_9830

アメリカのアイロン台よりは少し小振りですが、

我家はこれで十分。

しっかりと固定されるので、

アイロンのかけ具合もいいし、

これであの大きなアイロン台を何処にしまうのかと考えなくてもいいので、

都会の大工さんに大感謝です。

 

Advertisements