義理家族

夫の家族とは年に一度会うくらいなので

それほど問題はないのだけど、

それでも、3日が限度。

姑の自慢話を聞き、

見たこともないサラダドレッシングのかかった料理をたべ、

夫に悪態をつき、

そして飛行機に乗って帰ってくる。

田舎のご近所さん、

つい最近籍を入れた再婚カップルだけど、

ご主人がサンクスギビングに子供を招待したり、

それも約1週間滞在するので、

料理嫌いの新しい奥さんは大変そう。

今回は義理のお父様がスーツケースを持ってやってきた。

お年を召しているので、

朝昼晩、全ての食事の世話をし

ご主人が仕事に行っている間は

お話相手にもなり

あれや、これやと気を使っているのかとおもうと、

楽をしたい私には決して出来ないと強く思ってしまう。

彼女は本当によくやっている。

でも、略奪だったためか、

なかなか籍を入れてもらえず、

やっとつかんだ正妻の地位。

しかし、だんだん彼女が窶れていくのが非常に気になる。

元々化粧気のない人だったけど、

顔にくっきりと刻まれた皺の数が増えるにつれて、

これが彼女が本当に望んでいた事なのか

と、お節介なオバチャンは思ってしまう。

Advertisements