タワーマンション火災とアメリカのco-opアパートメント

ロンドンのタワーマンション火災では色んな事を考えさせられたなぁ〜 と、思っていたら、 都会の家のビルディングマネージャーから火災保険についてのメールが届いた。 アメリカのアパート(日本のマンション)は、大きく二つに分けられます。 一つは、コンドミニアム。日本で言うところの一般的なマンションです。 もう一つは、コープ(Cooperative apartment)のことで、 こちらは部屋の大きさにそった割合で、 そのビルディングの居住権を所有します。 故に、居住者は、シェアホルダーと呼ばれております。 コープの購入希望者は、職歴、推薦状、資産残高などの書類を提出して、 理事会の面接を通らないと、 建物のシェアホルダー権を購入する事が出来ません。 その上、山ほどのルールがあり、物件を貸し出す事は禁止されております。 そのため、外国人投資家が購入し、賃貸に出す事が出来ませんので、 今流行の民泊なんてものに悩まされる事は決してありません。 問題が起こったら、ビルディングマネージャーに電話をすれば だいたいの事は解決します。   そうそう、火災保険のメールですが、 元々、何かが起こった場合、2億円の保険には入っておくようにと 面接前に言われていたのですが、 今回は、この額が最低2億円になり、 その他、保険会社は評価がA以上のもの、 保険会社から理事会宛に書面にて この条件をクリアしていると知らせる事とあります。   この件は以前から理事会で話し合われて来た問題ですが、 これをきちんと明文化し、全シェアホルダーに守ってもらう事によって、 何かが起こった時の問題を事前に防げます。   日本ではこのコープ形式のマンションは少ないと思いますが、 東京オリンピックを控え、 民泊が大きな問題となって来ているし、 それ以上に騒音などご近所問題が多々起こっている今、 賃貸禁止、電話帳の厚さ程のルールがあるコープって必要なのかな、 なんて思ってしまったりして。   因に、家から一歩出たらそこは共有スペースなので、 周りの人が不愉快になる格好はしないようにとの項目もありますのよ。 自分たちの資産は自分たちで守る。 これって必要な気がします。 アメリカでも新しいアパートはほとんどがコンドになっていて、 楽に売買が出来るようになって来てるのだけど、 私たちのように年老いた人間には ルールで縛り付けられていても、 それでも良いから住みたいという人たちと暮らす安心感ってのもあるのですよ。   写真は、カフェマキアート。 エスプレッソに少しだけミルクをいれたもの。    

イニシャルHの刺繍と夫婦別姓

  この刺繍を始めたとき、 夫から、これは母へのプレゼントでしょ? との信じられない問いかけが。 うーん、違う。そんなこと考えてもいなかった。 これ、母に上げたら喜ぶよ。 だって、僕の家のイニシャルだよ。 そうよ、私は夫婦別姓だから、違うけど。 ねえ、上げようよ、絶対喜ぶから。 えええええーー。   夫に押し切られ、これを姑にプレゼントすることに。 そうなると、額縁も探さないといけないし、 あーーーあ。 その前に綺麗にアイロンもかけないと!(面倒だな)   家族愛というか、家族の名前に非常に固執する人だから、 イニシャルだけでも嬉しいのかな。 私は夫婦別姓だから、何の思いもないんだけど(再度言うか?!)   因に法的には私は夫婦別姓ですが、 英語の名字の方が分かりやすい場合は 夫の名字を使って予約をいれたりします。 夫の名字に変えなかった事は姑に言ってなかったので、 結婚したら勿論夫の姓を名乗ると思っていた姑は、かなりショックだったみたい。 息子の嫁も、孫の嫁もすべて夫の姓に変えたので、 頑に旧姓を名乗っているのはワタクシだけですの!!  

超初心者のジャコビアン刺繍:サテンとゴールド編

只今、こんなのを刺繍している超初心者のオバチャンです。     色んなものを試したく、今回は、サテン擬の糸を使ってみたのですが、 これはステッチに向き不向きがございます。 光りものも、メーカーによってかなり違うし、 やり直しをするところも沢山あるし、 超初心者は日々大変ざます。   そんなオバチャンの水曜日のブランチは、   お店(ベーカリー)の自家製バンをつかった ブレックファーストサンドイッチ。 ポーチドエッグにハムとチーズ、 少しの自家製マヨネーズがいい味を出しております。 問題は、ここも、平日の朝なのに大混雑。 アメリカ人、友達や家族と外でブレックファーストを食べるのが大好きざます。  

46種類の野菜サラダ、お花も加えて。

暑ーい、日曜日、 田舎から車で約一時間半のそのまた田舎でランチ。 ダウンタウンはかなり疲弊してお店も殆ど閉まっているし、 道行く人たちも、少し怖いけど、 そんな町にも、美味しい料理を出す店はあるのざます。 こちらは、何とか農園の野菜を46種類使ったサラダ。 ほとんどが野草。 今まで食べた事のない、体に良い〜感じがする、 すごーく苦みが強い野菜たち。 これを少ないドレッシング(オリーブオイルとレモン汁)でいただきます。 嫌いな人は、たまらなく嫌いだろうけど、 この苦みはクセになる。 サラダの次は、 烏賊フライとコールスローのサンドイッチ。 こちらを大口を開けて食らいます。

アメリカの婦人科検診

婦人科検診、 これが嫌でたまらないって女性は多いと思う。 私も出来れば避けて通りたい一人。 都会でいつも診てもらっていた先生が引退し、 他の先生を紹介されたけど、 なんか行く気かしなくて2年もほっておいた。 これはイカン!と思い、田舎で婦人科検診を受けた。 日本のカーテンで医者と患者を分けるってのは、 アメリカにはない。 全て個室で医者と一対一なので、 上下に分かれた紙の検査用の服に着替え、 医者が現れるのをまつ。 日本の昔の大学病院のように、 数名が下着を脱いでカーテンの後ろで横になる! なんて屈辱的なことはアメリカでは起こらない。 その上、私が行っていた某大学病院は、 順番が近づくと中でお待ちくださいと名前を呼ばれ、 衝立越しに前の患者さんが医師と話している内容が丸聞こえ。 これはプライバシーの侵害だよね。 もうこんな事をしている大学病院は無いと思いたいし、 完全個室になっていることを望むけど、 果たしてどうなんだろう?! だから、日本よりもアメリカの方が婦人科検診における 嫌な思いってのが少ない。 それに個室ってこともあって、 わりと医師と雑談をする時間も増えるし、 気楽に何でも訊ける。 今回の女医さんは、知りたがり屋で、 夫の仕事、私が夫と知り合った場所、 なにがどうして結婚にまで至ったのか、 事細かに尋ねられましたの。 でも、変な聞き方じゃないから別に気にもならなかったけど、 あの個室の中で、 医師は色んな人の人生を垣間みているんだろうな。 今日のランチは、 田舎のそのまた奥の田舎にある大好きなレストランで。 赤カブのサラダをいただきました。 大変美味しゅうございます。