アメリカの家庭医

ここしばらく医者のお世話になる事がなかったのと、 田舎に暮らす時間が長くなったので、 都会の家庭医には一年半程診てもらっていなかった。 それではイカン!と、 田舎でも家庭医を探し、昨日診てもらって来た。 まあ、健康診断の一環かな。   様々な意見があると思うけど、 私はアメリカの医者が日本よりも好きだ。 私の家庭医は、60代の女性。 ごついネックレスにブレスレット。 白衣も着ない。 きちんと話を聞いてくれるし、 患者にさく時間が日本よりも数倍多い。   一番目の質問は、肉体的にも精神的にも家庭内で暴力を受けた事がありますか? 脅された事は?   これって、アメリカだけなの? 帰国したおりに日本のクリニックでたまに診てもらうけど、 こんな質問はされた事がない。   多分DVを受けている人は、 医者にはイエスと言わないと思うけど、 それでも目の動きや喋り方で分かるのかな???   田舎の先生は患者の話をじっくりきくタイプ。 だから、予約時間が遅れる事が多々ある。   昨日は、ご老人の話をずっときいていたのか、   ねえ、その日一日楽しく過ごしたいのなら、 朝新聞を読まない方がいいわよ。 と言われた。   え〜〜、私、朝食をとりながら新聞を読むのが一日のはじまりですわよ。   だって、朝から気分の滅入るようなニュースを読みたくないでしょ。 それで鬱になっちゃう人がいるんだから。   そうか、そうなんだ。 私って、感性が鈍いのか、 ニュースはニュースとしてしか捉えない。 酷いなとは思っても、それが自分の精神に影響を与える事はない。   でも、こんなことから老人性鬱が始まるのかもしれない。   今日の診断は、 骨粗しょう症の薬はあと1ヶ月で止めて、 骨密度検査を受ける。 そして、一応念のために血液検査だそうです。   とっても健康だから、安心してね!ですって。   それで気を良くしたワタクシは、こんなものを食べてしまった。…

7000万円のあばら屋が売りに出た。

私の一日は珈琲を飲みながら田舎の新聞を読む事から始まる。 大きなニュースのほとんどが、ドラッグがらみ。 大麻の違法栽培に銃の所持。 組織的な売春など、 田舎も田舎なりに色々あります。   その次の楽しみが不動産ニュース。 新聞のネットサイトでは売りに出た家の写真も見えるので これが楽しい。   我がご近所は新興住宅地。 一億越えの家が延々と立ち並んでいるんだけど、 一つ通りを挟んだところに、 かって市ではなく郡に属していた地域がある。   荒廃した家と庭。 廃車となるような車が何台も止められており、 そこだけが時代から取り残されている。   実はこの田舎町、 昔は荒くれ者が多く暮らす所だった。 バーでは喧嘩が絶えず、 それに危機感を持った市役所が、 ダウンタウン大改造計画を立ち上げた。   その結果、裕福な住民を呼び込む事に成功し、 その陰で取り残されたのが、 市ではなく郡に属しているその地域の人たち。 今では市の一部になったけど、 それでもすんでいる人たちは昔と同じなので、 彼らの生活は何ら変わっていない。   そのうちの一つが売りに出た。 住む事がほぼ不可能な極小家がついている1/4エーカー(300坪)の土地。 それがなんと7000万円。   ゴミを捨て、更地に戻す。 それだけでもかなりの額になる。 それに注文住宅を建てるとなると、軽く一億以上となる。 土地購入と合わせると、約2億。 誰も2億払って、あの地域に住みたいと思わないだろう。   田舎のバブルは終焉をむかえたのか、 沢山の家が売れずに残っている。 我がご近所の4000万円値引きした家もまだ売れず、 あと1000万円値引きした。 10年前に建てた注文住宅。 彼らの高く売れるだろうという思いは泡と化した。        

ゴミ収集日の憂鬱

日曜日は一番嫌い。 田舎に移ってからそうなった。 というのも、 月曜日の早朝にゴミの回収車がやってくるので、 日曜日の夕方、道路まで大きなゴミ箱を運ばねばならない。 我家は収集車がやってくる道路から少し引っ込んだところにあるので、 そこまで90ガロンの大きなゴミ箱を3つ(コンポスト、リサイクル、不燃ゴミ)を運ぶのがツライ!   都会では各フロアにゴミ置き場がある。 毎日3回、メンテナンスのお兄さんがゴミを収集してくれる。 粗大ゴミも同じ。 だからゴミ捨てがこんなに大変だったとは考えてもみなかった。   ここに来たとき、 ディテールにこだわる夫は、 道路におかれているゴミ箱をみて、   あれは、いかん! 美しくない!   そこで、ネットで自分が好きな色、サイズを選んで購入。 ゴミ収集会社に電話して、 来週から収集お願いね!と頼んだら、 あなたのところにはまだうちのゴミ箱を届けていない! と言われた。   そこで、自分たちで用意しました と答えたら、 えええええ???? 我が社の収集車の条件にあるうかどうかチェックしますと言われ、責任者がやって来て、   No!!! これは我が社のサイズと違うからと却下。   そして、あの大きな汚いゴミ箱が我家に届き、 毎週日曜日はどんなことがあっても都会から田舎に戻り、 ひたすら3つの大きなゴミ箱を道路まで運ぶ日々。   日曜日は嫌いだ!        

ウィステリアとアイリス

田舎に戻り、あまりの暑さに引き蘢っております。 チクチクはこちら。 ウィステリアが終わったところ。       我が夫、湿地を好み水のある場所で良く育つアイリスを植える!と高らかに宣言し、 アイリスの苗を育てている農園をネットで検索し、 アイリスについて講演会まで開いている方の農園で25株オーダー。 ただし、アイリスの苗が出来上がり、我家に届くのが9月下旬。 それまではアイリスの育て方をお勉強中。   そしたら何を思ったのか、 ネットの別の店で、今購入可能なアイリスの苗を10株購入していたみたいで、 昨日都会から田舎に帰ったら苗が届いていた。   今朝は早起きして、 暑くなる前に苗を小川の周りに植えたみたい。   田舎のガーデニング、問題は暑さ。 日本のモミジも夏は太陽に焼かれてしまう。 ドッグウッドも一年目はかなりダメージを受けたけど、 2年目からは持ち直した。 寒さに弱いライオンズテールは越冬できなかったけど、 果たしてアイリスが小川の周りに咲き誇ることになるのかどうか、 じっくり見させてもらいます。  

何もできない人

夫はいないし、食事は簡単に済ませば良いし、 亭主元気で留守がいい!!   カフェでまったりした後、洒落たお店を見つけた。   小物が置かれているテーブル、 あらららら、見つけちゃった! セールマークの下に置かれているMarchant & Millsの小物たち。 そこでこんなのを購入。         さてと、私は若い頃から海外暮らしが長かったので、 なんでも一人でする習慣がついたけど、 外国暮らしが長い一人暮らしにも関わらず、 飛行機の予約もできない、 一人でコーヒーも飲めない、 タクシーにも乗れない、 その他様々なことが一人ではできず、 周りの優しい人たちのお世話になっている人がいると聞いて、 アーーー私は無理。 自分で何かやろうとする努力を怠る人はダメだ。 付き合えないわ。 なんて思ってしまった。   例えば病院一つ取っても、 日本なら具合が悪いと近くの医院にいけば診てもらえる。 でも、アメリカはクリニックに電話をして予約を入れることから始めないといけない。 病院によっては、電話で病状を説明しなければならない。   外国に暮らすということは、 万が一に備えて自分で出来るだけの事はする。 ってのが大前提だと思うけど、 でも、そうじゃない人も沢山いるんだ。   私は他人に優しい人間じゃない。 病気で本当に困っていたらそれは助けるけど、 日常生活の細かいことぐらい一人でやれよ! いい大人なんだから。 と切り捨ててしまう。   はい、非常に薄情な女です。    

日本人と老後について語り合う@都会

都会にいます。 コーヒーが切れていたので、朝からいつものカフェへ。     ものすごく苦いコーヒーを飲み、ベーグルを食べて一日が始まります。   夫が出張なので、私は日本語を話す唯一の機会の美容室に。 ここで喋る喋る。 喋り足りないので、今度はカフェへ。   今日の話題は、遺言書の作成とこれからのこと。 歳をとると、やはりこれからのことが気になる。 もし万が一のことがあったときのためにも、今準備できることはしておいた方が安心だもの。   美容師さん曰く、日本に帰る友人が増えたとか。 人生の最後は日本で過ごしたいと思うのかな。 私は多分、アメリカで老後を過ごすことになると思う。 子供がいないので、夫が生きていたら夫に最後は看取ってもらいたいけど、 もし夫に先立たれたら、夫の親族ではなく、全ては弁護士に頼みたいと思うのよ、 The Big Lebowskiの映画のように、 珈琲缶に遺灰を入れて海に撒いてほしいのよ〜! なんてことをこんなものを食べながら話したわけで。     こちらバリスタのお兄さんお勧めのモチマフィン。   なんのことはない。もち米を使ったマフィン。 もちもち感が半端なく、そして美味しい。   アメリカ人しかいないカフェで、日本語での弾丸トーク。 でも彼女と話すことで、ストレス発散。 お互い嫌なこともたくさんあるけど、 頑張って長生きしようね、   そんなことを話し合った水曜日。  

ご近所のお葬式@田舎

ライオンズテールが生き延びた!     と喜んだのもつかの間、 ご近所付き合い命!うわさ話大好きのM夫人が、 うちの庭でとれたトマトなの〜と叫びながらやって来た。 トマト自慢が続いたあと、 ご近所の出来事を話し始めた。 98歳のおじいさんが腰の手術中に亡くなったそう。 そのおじいさんのお葬式があるから、 詳しい情報をメールしてくれるとのこと。   そこで私の疑問。 ご近所さんのお葬式って全て行かないといけないの?? おじいさんは一度見かけた事がある程度。 おばあさんも二度程見かけただけ。 話らしい話もした事がない。   私はご近所付き合いは出来るだけ少なくしたい。 だからパーティもいかない。 ディナーはその時の気分次第。   M夫人のように、 ここに根を下ろした人は別だけど、 私たちの田舎の生活はあと10年位。 それがすんだら都会の家に戻る。 年を取ったら、やはり都会の生活が便利だもの。   その上、都会のご近所さんと違って、 田舎の中流上のアメリカ人との付き合いはかなり鬱陶しい。   ご近所さんに好かれたい夫。 嫌われて上等!の私。   はい、午後には都会に帰ります。                

結婚式の招待状

夫の弟の義理の孫が結婚する事になった。 キリスト教系の大学を卒業と同時に選んだ相手は牧師志望の男性。 小さい頃から本当に美しくて、しとやかでいつも笑顔な少女が結婚とは!! オバチャンも年を取ったものだ。   夫の弟夫婦は、再婚同士。 それでももう結婚してから27年になる。   弟の嫁は元夫のDV故に離婚した。 3人の子供達は父親の暴力を見て育ったので、 やはり少なからず心に傷を持つ。   今回の花嫁の母は長女。 一番上なので、両親の間に起こった事は全て分かっている。 自分の家族を早く持ちたかったのか、 自分を守ってくれる人が欲しかったのか、 彼女が結婚したのは18歳だった。   色々葛藤も多かったのだと思うけど、 義理の父である夫の弟とは非常によい関係を築いている。     そんな彼女の結婚式だから、喜んで出席するのだけど、 一つ問題は、夫の兄一家。   ワタクシ、彼らと夫の母(ワタクシの姑ですわ)が大の苦手。 姑はもう年だし、あともう少し優しくすれば良いのかな!? と自分に言ってきかせいるんだけど、 どうしても夫の兄一家だけは耐えられない。   それゆえ、田舎に家を建てた事も夫の家族には言っていない。 義兄一家が絶対にやってくると思うと、 この秘密は死ぬまで守る覚悟ざます。